使う頻度も高く自分や人の目にも入りやすい印鑑は納得したものを

印鑑広場

子どもの印鑑選び体験談

朱肉と印鑑

去年出産した第二子の銀行印を先日作ってきました。第一子の時は大して迷わずに、「名字の印鑑を作ればいいよね」「私もお父さんも銀行印は名字で作ってるけれど、子どもの銀行印はスヌーピーの印鑑ケースに入れるし、同じ名字の銀行印が3つあっても間違えることもないよね」と主人と話し合い、銀行印を名字で作ってもらいました。
しかし、第二子の銀行印を作るにあたって、「同じ名字の銀行印が4つになってしまうね」「キャラクターものの印鑑ケースが2つあったら混乱してしまうかもしれないね」と主人と話し合い、名字ではなく下の名前で印鑑を彫っていただくことにしました。
「女性の方は、結婚されたら新しい名字で銀行印を作る方がいらっしゃいますが、下の名前で印鑑を作っておけば一生使えますよ」とお店の方に教えていただき、そういえばそうだなあ、第一子の時も下の名前で作っておけばよかったなあ、と思いました。お店の方からは、「男性の銀行印は15.0mm、女性の銀行印は12.0mmがおすすめですよ」と教えていただいたので、子どもの印鑑はおすすめされたサイズにしました。
書体は篆書体で作っていただきました。後日完成したものを取りに行くと、「お子さんの名前の漢字は左右非対称なので、趣のあるいい印になりましたよ」と褒めていただきました。
印鑑選びにもいろんなポイントがあるんだなあ、と驚くとともに、印鑑を大切に使っていこうと思いました。

コンテンツ

ケースと印鑑

印鑑を押す機会が多いです

私は、事務員なので書類に自分の名前で印鑑を押す機会が非常に多いです。木でできた印鑑を使用し、毎回朱肉につけて書類に判を押していたのですが、一日に凄い枚数を…

» 続きを読む

捺印をする

印鑑は使う朱肉でも変わる

私は、会社で印鑑を押す際に練り朱肉を使用しています。私は事務員なので、判を押すことが非常に多く、スポンジにインクを染み込ませた一般的な朱肉を使って仕事をし…

» 続きを読む

はんこ

運勢を呼び込む印鑑

今まで印鑑について真面目に考えたことがなかったのですが、勤務先の社長から「印鑑はちゃんとした物を作るべき。ありとあらゆる運勢を呼び込んでくれるから」と話が…

» 続きを読む

朱肉と印鑑

子どもの印鑑選び体験談

去年出産した第二子の銀行印を先日作ってきました。第一子の時は大して迷わずに、「名字の印鑑を作ればいいよね」「私もお父さんも銀行印は名字で作ってるけれど、子…

» 続きを読む